悪質な業者の手口・換金率が違う

悪質な現金化サイトでよくあるトラブルの一つに、ホームページ上に記載されている換金率でクレジットカードの現金化をしてもらえなかったという事例があります。
このことについてここでは詳しく見ていきたいと思います。

クレジットカード現金化のポイントは換金率

クレジットカード現金化のポイントとなること、それは換金率です。
とにかく換金率が重要となります。
商品を購入してから現金に交換してもらう際にどれだけ換金してもらえるのか、その換金率が重要となるでしょう。
現金化業者は実際に購入した金額と、換金した現金の差額で儲けを出します。
そのためにもし、換金率が高い場合には業者の儲けが低くなることになるのです。
業者もボランティアで換金してくれているわけではありませんので、あまりにも、金額が高い場合には怪しいと思ったほうがいいでしょう。
それほど高い換金率だと業者の儲けはどうなっているのだろうと疑ってかかったほうがいいでしょう。

換金率の高さに惑わされないこと

換金率は高ければ高いほうが利用者にとってはいいでしょう。
しかし換金率が高いということは先ほど言いましたが、業者の儲けが低くなっていることになるのです。
業者の儲けが低くなるというのはなにか裏がある可能性があります。
実際指定した口座に振り込むという場面になってから振り込まれた金額は全く最初に提示されていた換金率による現金の額面ではなかったということはよくあることです。
これは手数料として業者が別途引いている可能性もあるのです。
やはり計画を立てて現金化を申し込んでいるだけに、計画外の金額で振り込まれたら困る人も出てきます。
換金率が記載されている金額と違うことは悪質業者ではよくあることなので覚えておきましょう。

関連する記事