クレジットカード現金化業者悪質な詐欺の手口

クレジットカード現金化業者選びに失敗すると詐欺に遭うこともあります。
どのようなケースで詐欺のようなトラブルを起こされることになるのか、ここでは詳しく紹介していきたいと思います。
トラブルにならないために知っておきましょう。

商品を購入したが振り込まれなかったケース

悪質な業者によくありがちなことなのですが商品だけ購入されて振り込まれないケースがあります。
実際にあったことなのですが、業者にクレジットカード現金化を依頼して、指定されたとおりに商品をインターネット上で購入したのに、指定した口座に待てど暮らせどお金が振り込まれなかったということがあります。
商品の購入先のネットショッピングサイトも全て業者運営でグループぐるみで商品販売のみ行い換金しない、荒稼ぎしているというケースのようです。
悪質な業者によくある手口ですので注意しましょう。

詐欺グループが運営しているケース

表面的には普通の業者だと思いきや実際は詐欺グループが運営していることもあります。
例えばですがクレカ現金化をうたって運営していても手数料を大幅にとったり、お金を返して欲しいと後で振り込ませたりするケースです。
クレジットカード現金化の知識が乏しい人は騙されやすいですので注意しましょう。

個人情報だけを取るケース

クレジットカード現金化をする目的は商売ではなくて、利用者の個人情報を抜き取るために運営しているというケースがあります。
個人情報だけを最初から抜き取る目的で運営していて、こうして集めた個人情報は、お金に困っている人というカテゴリーで闇金や消費者金融に売られているので注意しましょう。
あまりにも個人情報を聞いてくる場合には注意が必要です。

関連する記事