クレカ現金化サイトの換金率

クレジットカード現金化サイトを選ぶ際のポイントとしては、換金率は必ずチェックしておいたほうがいいでしょう。
どうしても換金率で選んでしまいがちですが、それでもいいのです。
換金率が相場と比べてどうなのかチェックする必要があります。

現金を手にしたいと思っている人は

現金を手にしたいと思っている人は、どうしても換金率にこだわって選んでしまうのではないでしょうか。
換金率は高ければ高いほうが利用者としては良いでしょう。
1パーセントであっても高いほうがいいに決まっています。
こうしたお金に困っている人の弱みに付け込んで90パーセントから95パーセントといった本当に高い換金率を提示している業者もいます。
ですがクレジットカード現金化でこんなにも高い換金率を提示してしまうと、業者の儲けはどこに出るのでしょうか。
業者は換金率の差額で儲けを出しているわけですから、換金率が高ければ高いほど儲けは下がってしまうのです。

一般的な換金率の相場を調べてみる

一般的な換金率の相場というものが存在しているはずですので、その相場をチェックすることが大事です。
一般的なクレジットカード現金化業者の換金率の相場は80パーセント前後と言われています。
もしこれ以上に明らかに高い業者はその業者の経営そのものが成り立たないはずですのでおかしいのです。
もしかするとクレジットカード現金化の換金にあたって手数料が必要になるとか、別の詐欺の手口で稼いでいることもありますので十分に注意したほうがいいでしょう。
高すぎるのもよくありませんし、低すぎるのもよくありません。
相場をきちんと理解した上で、妥当な相場なのか確かめた上で選ぶようにしましょう。
高すぎる、低すぎる業者は避けたほうがいいでしょう。

関連する記事